1. TOP
  2. 腰痛の原因や症状
  3. 椎間板ヘルニアはどんな痛みの腰痛?原因や症状、治し方は?

椎間板ヘルニアはどんな痛みの腰痛?原因や症状、治し方は?

こんにちは、腰痛やまちゃんです。

椎間板ヘルニアとはどんな症状の腰痛なのか知っていますか?

 

腰痛の中でもかなりメジャーな症状ですので、椎間板ヘルニアと診断されたことがある人もいるかもしれませんし、病名だけは知っているという人も多いでしょう。

 

椎間板ヘルニアの原因や症状、

手術などの治療法が効果的なのか、どんな治し方をするとより早期に改善できるのかなどを徹底検証します。

 

腰痛でもメジャーな椎間板ヘルニア。

その詳細を紹介しますので、この記事を読んでしっかり理解してくださいね。

椎間板ヘルニアとはどのような症状の腰痛なのか?

腰痛の85%が病名が付きませんが、

残りの15%の中で、最も診断される頻度が高いのが椎間板ヘルニアです。

 

椎間板ヘルニアが多く診断されるのは

椎間板の中身が本来の位置から飛び出してしまっている症状のことで、MRIなどで検査することで比較的簡単に見つけることができるから。

 

腰痛の中でも原因が明確で、誰が見ても簡単に発見することができるので、腰痛の原因の4〜5%ほどを占めています。

 

MRIで発見しやすい椎間板ヘルニアですが、

医師によっては見逃されることも多く、外側ヘルニアだと診断が難しいこともあり、ヘルニアではないと診断されることもあります。

 

MRIにも幾つかの機能があり、T1、T2、STIRという3つの中であまりルーチンで行われないSTIRでヘルニアが発見されることも多いんです。

 

診察した医師や病院によって、

STIRで撮影してもらえるかどうかも異なりますが、なかなか原因がわからない時にはSTIRで撮影しているかどうかも聞いた方が良いかもしれません。

 

ヘルニアの状態が確認できれば、

椎間板ヘルニアという病名がつき、どのように治療を行うのかが明確になりますので、腰痛の原因を探ることは非常に大切です。

 

椎間板ヘルニアは男性でも女性でも発症し、その年齢層も20代〜40代とかなり広いので、慢性腰痛の人の多くが発症している可能性のある症状。

なぜ椎間板ヘルニアを発症してしまうのか?その原因とは?

椎間板ヘルニアとは、椎間板の中身が飛び出した状態のことですが、なぜ椎間板の中身が飛び出してしまうのかといえば、

 

骨と骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板には、常に圧がかかっており比較的ダメージを受けやすい形状をしているから。

 

まず椎間板に加わる圧に関しては、

立った状態の圧を100とすれば、仰向け寝でも25、椅子に座ると140、前屈の姿勢を取ると150もの圧力がかかっている状態。

 

さらに椎間板の形状はお菓子のバームクーヘンのようなものなので、中心部のゼリー状の髄核を守るために、繊維輪という強い殻に守られています。

 

しかしスポーツや重労働、加齢をきっかけに繊維輪にヒビが入り、そこから髄核がはみ出すことで、ヘルニアの状態になり、慢性的な腰痛である椎間板ヘルニアを発症します。

 

椎間板ヘルニアの原因やきっかけは、

 

  • 運動での衝撃
  • 重労働の衝撃
  • 加齢による劣化

 

という3つをきっかけに起こることが多いので、慢性的な腰痛の前に思い当たるフシがある場合には、病院での診察時にその旨を伝えておきましょう。

 

椎間板ヘルニアが最も起こりやすい部位は、

おへそのやや後ろの下側にある腰椎の4番目と5番目の間なので、この部分を重点的にチェックしてもらうと良いかもしれません。

椎間板の老化は若い世代でも起こっている

椎間板ヘルニアの原因のひとつに老化があるという話をしましたが、椎間板の老化って何歳ぐらいの年齢から始まると思いますか。

30代でしょうか?それとも40代?

なんて考える人がほとんどだと思いますが、椎間板は10歳以降に老化が始まってしまう特徴があります。

 

10歳で老化と思うかもしれませんが、

20歳から40歳に椎間板ヘルニアの患者さんが多い傾向があるという事を考えても、10代後半には明らかに老化している状態だということがわかるでしょう。

 

この記事を読んでいる人の殆どが、

すでに椎間板の老化が進行し、誰にでも老化をきっかけとした椎間板ヘルニアのリスクがある状態だということを理解しておいた方が良いかもしれません。

椎間板ヘルニアとはどんな痛みがある症状なのか?

椎間板ヘルニアの症状は

ぎっくり腰のような感じで急激に始まる時もありますし、徐々に症状を感じるようになり気づいた時には症状が発症している場合もあります。

 

一般的な症状としては、

鈍い腰痛や手足のしびれなどで、特に前屈するような姿勢の時に腰に痛みを感じる傾向が多いと言われています。

 

神経がひどく圧迫されると、

脚の痛みやしびれを感じたり、症状がひどい場合には足の感覚が無くなったり、上手く足が動かせなくなってしまうこともあります。

 

ヘルニアが悪化して拡大すると、

膀胱につながる神経も圧迫して、尿が出にくくなってしまうこともありますので、かなり重症化するとそういった症状が出てしまうことも理解しておきましょう。

椎間板ヘルニアは自然治癒できる症状だって知ってた?

慢性的な腰痛に悩まされていたけど、

ある瞬間から腰痛の症状を感じなくなったので治ったのかなという経験をしたことがある人もいると思います。

 

厄介な椎間板ヘルニアも実は自然治癒する病気。

 

ただ椎間板ヘルニアを治すためには、絶対的に安静に過ごす必要がありますが、働き盛りの20代〜40代だとなかなか難しいのではないでしょうか。

 

ここでいう安静とは、

椎間板に圧をかけずに、神経が圧迫されている状態を軽減させていくことですので、重いものも持てなければ、子供を抱っこするのも注意が必要です。

 

仕事と家事や育児を考えると、

安静にし続けるというのはなかなか難しい状態ではないでしょうか。

 

ちなみに椎間板ヘルニアには、自然治癒できる症状と、自然治癒できない症状があり、骨が髄核と一緒に飛び出してしまったような状態だと自然治癒しません。

 

髄核とは血液が一切存在しない状態なので、身体の防衛本能が作用して、髄核を排除しようという動きが起こります。

 

白血球の一部であるマクロファージが、

髄核を異物や外敵と認識することで、攻撃して溶かし始めます。

一般的に2〜3ヶ月も攻撃が続くと、

飛び出した髄核もほぼなくなってしまいますし、ヒビが入った繊維輪も修復され、椎間板ヘルニアが自然治癒します。

 

しかし骨には血管があるために、

血管を含む骨が飛び出してしまった場合には、骨だけが溶けずに残されてしまうことで、いつまでたっても痛みが続いてしまいますし、自然治癒できない状態が続きます。

 

この場合は手術を行って、

飛び出した髄核と残った骨を除去しなければ、椎間板ヘルニアの症状を改善することができません。

椎間板ヘルニアの手術方法にはどのようなものがあるのか?

椎間板ヘルニアの手術には、

全身麻酔を使って行うMEDと、局部麻酔だけでできるPEDの2種類があり、比較的短期間で椎間板ヘルニアを治療できるPEDが主流になっています。

 

ここでは椎間板ヘルニアの手術方法である、MEDとPEDの違いについて簡単に紹介したいと思いますが、基本的にはPEDが主流の手術方法だと理解しておきましょう。

椎間板ヘルニアの手術方法のMEDとは?

MEDとは内視鏡補助華椎間板摘出手術のこと。

背中を2cmほど切り、

背筋を一旦剥離する手術方法のために、入院期間は1週間ほどで社会復帰までには2〜3週間かかります。

 

治療期間や社会復帰までの時間が長く、

全身麻酔での手術が必要なので、MEDを希望する人は少ないですが、PEDでは完全に治療ができないレベルのヘルニアだとMEDで行われることもあります。

椎間板ヘルニアの手術方法のMEDとは?

PEDとは経皮的内視鏡下椎間板摘出術のこと。

局所麻酔で線赤に6〜8mmほどの傷口ができるだけでの状態なので、入院期間も1〜2泊と非常に短く、身体への負担も少ないことで主に採用されている手術方法です。

 

PEDは傷口も小さく、

背筋も剥がさないので、手術後2〜3時間ほどで歩行可能になりますし、デスクワークの仕事なら社会復帰までの期間も1週間前後。

 

運動の再開も6週間ほどで可能になりますし、

身体の衝突が起こるようなスポーツでも2ヶ月後から再開できるなど、MEDを行った場合よりも1ヶ月も期間を短縮することができます。

 

ただPEDもMEDも手術直後に無理をしてしまうと、髄核が再び飛び出してしまうことも有りますので、回復度合いを見ながら医師と相談することが大切です。

 

ちなみにPEDは認定医制度がありますので、

日本整形外科学会が認めたPEDの技術認定医に手術を行ってもらう方がより安心して手術を受けることができますし、回復もスムーズになるでしょう。

椎間板ヘルニアの再発防止法とは?

PEDやMEDなどの手術をした場合も、

安静にすることで自然治癒した場合も、椎間板ヘルニアを再発させないためにも、再発防止法を知っておくべき。

 

椎間板ヘルニアの再発を防ぐポイントは、

 

  • 体幹トレーニング
  • ハムストリングスのストレッチ
  • 肥満体型やぽっちゃり体型を避ける

 

この3つが重要なポイントになります。

ドローイングで体感を鍛え、ハムストリングスのストレッチで腰痛を予防し、体重のコントロールで腰椎への負担を軽減する。

 

立っている状態でも座っている状態でも、常に椎間板には圧がかかっていますので、それを少しでも抑制してあげることが大切です。

椎間板ヘルニアに関する記事まとめ

この記事では、

腰痛でも最もメジャーだと言われている椎間板ヘルニアに関する情報を紹介してきました。

 

  • 椎間板ヘルニアの症状
  • 椎間板ヘルニアを発症する原因
  • 椎間板の老化はいつからか
  • 椎間板ヘルニアは自然治癒できる
  • 椎間板ヘルニアの手術方法(MED、PED)
  • 椎間板ヘルニアの再発予防法

 

誰もが発症する可能性がある椎間板ヘルニア。

その症状を悪化させないためにも、

前屈の姿勢で腰の痛みがある場合には、早めに安静にするか病院での検査を受けることが大切です。

 

自然治癒しない椎間板ヘルニアもありますので、

2〜3ヶ月放置すればよいかな・・・なんて考えずに、原因を明確にして正しい治療法を選ぶことが非常に大切ですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

高反発マットレスが腰痛改善におすすめ|腰痛マットレス完全ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

高反発マットレスが腰痛改善におすすめ|腰痛マットレス完全ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

腰痛やまちゃん

腰痛やまちゃん

はじめまして、腰痛やまちゃんです。
病院で事務方の仕事してますが、長時間のデスクワークが原因で腰痛を発症しましたが、整体師さんのアドバイスで寝具選びから改善し、なんとか健康を取り戻しつつあります。
腰痛に悩まされた私が腰痛対策に行ったことや、様々な快眠に関する情報などをまとめて紹介しています。

コメントを残す

*

関連記事

  • アルコールが原因で腰痛が悪化?ビールを飲んだら腰がだるい理由は?

  • 妊娠が原因で妊婦さんはひどい腰痛に悩まされるって本当なの?

  • 市販薬や市販外用薬で腰痛の症状を改善する成分や副作用を紹介!

  • 反り腰の原因と高反発マットレスの効果は?腰痛改善に役立つ?

  • 腰痛と日本人の関係性は?血流悪化が腰痛の原因になるって本当?

  • 仕事が腰痛の原因。長時間の立ち仕事やデスクワークが負担に!