1. TOP
  2. コラム
  3. 島根県は、肩・首・腰のコリに注意が必要、日本全国コリ調査!

島根県は、肩・首・腰のコリに注意が必要、日本全国コリ調査!

こんにちは、腰痛やまちゃんです。

ニチバン株式会社が行った日本全国コリ調査という面白い情報を発見したので、紹介しますね。

 

日本全国、各都道府県の人を無作為に100名ずつ抽出して、身体のどの部分がどの程度の頻度でこるのかというのを行ったアンケート調査です。

 

かなり面白い傾向がありますので、

もし該当する都道府県に住んでいる人なら、身体のコリ対策を行った方が良いと思いますがが、島根県・長崎県の人は特に注意しましょう。

日本人がコリやすい体の部位ベスト3は?

ニチバン株式会社が行った今回の調査、

その中でも最もこりやすい部位ベスト3が、「肩」・「首」・「腰」という誰もが悩んでいる身体のパーツではないでしょうか。

 

なんと肩こりだけを考えてみると、

年間186日も感じており、2日に1回は肩こりの症状を感じている人がいる計算になるほど、多くの人が肩こりの症状に悩まされている状況。

 

私も慢性腰痛でしたが、

腰痛は肩こりに比べると3分の2ほどの127日間という結果になりました。

 

肩こりの症状も感じていますが、

ひどすぎる肩こりのために、自覚症状すらなく、かなり改善するのが難しい状態だということなので、なんとなく納得できます。

 

2位の首は肩こりとセットなイメージですし、

多くの人が悩んでいる身体のコリは「肩」・「首」・「腰」に集約されていることがこの調査からもわかります。

 

身体のコリベスト3を制覇したのが、島根県在住の人。

もしあなたが島根県在住なら、この3つのパーツにコリを感じていても不思議ではないのかもしれません。

 

参照:PR TIMES

 

今回の調査では全身を15のパーツにわけ、その平均順位を見てみると、全国1位になるのが長崎県です。

 

島根県の人は車移動のイメージがありますし、冬の寒さも厳しそうなのでイメージが付きますが、長崎県は少し意外ですね。

 

坂道が多い、階段が多いという部分が

アンケート結果に影響しているのでしょうか、気になりますがその理由を確かめる術がありません。

 

東京が2位で大阪が5位というのも、

このアンケート調査の意外な結果で、「肩」・「首」・「腰」に関して言えば、上位5位にも入っていないようです。

香川県・北海道の人は若い世代のコリが多い!

日本全国のコリの平均年齢は、27.7歳。

社会人になって5年が過ぎると、やはり身体の様々な部分にガタが出るということなのか、思ったよりも早い年齢でコリを感じる人が多いですね。

 

気をつけて欲しいのが、香川県と北海道の人。

身体のコリを感じ始める年齢が25.6歳と全国平均から2.1歳も若い傾向があります。

 

社会に出て働く年齢が若いから?

それとも肉体労働に従事する人が多かったりする影響があるのでしょうか。

 

冬の北海道なら雪下ろしということも考えられますが、2018年豪雪が話題になった福井県は30.3歳と、全国で最も遅い時期に身体のコリを感じ始めます。

 

香川県&北海道と福井県では、

4.7歳もの違いがあることは非常に気になりますよね。

 

ここでも上位に東京や大阪はいないという状況に驚かされます。

最も身体のコリが少ない都道府県は秋田県だった

さらに意外な結果だったのが、

最もコリの少ない都道府県が秋田県だったということ。

 

冬の寒さ、豪雪地帯・・・

身体のコリが発生する原因が多くありそうですが、実際には身体のコリを感じている人の割合が最も少なかったんです。

 

45位が佐賀県、46位が鳥取県。

鳥取県は日本一肩こり・首コリ・腰のコリが激しい島根県の隣のはずなのに、全く違う結果が出ています。

 

地域差というよりも生活習慣なのかもしれません。

寒くてインスタントラーメン消費量全国No1の青森県が身体のコリの上位に入っても良いのですが、青森県も上位にはいません。

 

慢性腰痛などは血行が悪いと

起こりやすいといわれていますので、食事や気候からも青森県は上位にいそうなのに、ちょっと意外な結果でした。

どこに住んでいるのかよりもどんな生活習慣かが大切

今回の記事では、

ニチバン株式会社が行った全国調査の情報を元に、身体のコリについて紹介してきましたが、地域差もありますがそれ以上に個人差もあります。

 

上位の都道府県に住んでいるなら、

やはり身体がコリやすい環境にあるということを踏まえて、普段の生活習慣を見直して見ることが大切でしょう。

 

運動不足やデスクワーク、

スマホやタブレットによる姿勢の悪化や食習慣など、様々な原因で血流量が変わってきますので、少しでも身体をリラックス状態にしてあげることが大切です。

 

腰痛や肩こり、首のこりに悩んでいるなら、

筋肉の緊張をほぐす方法を実践したり、サラサラ血液を維持するような食習慣を意識してみてくださいね。

 

それがあなたの身体の様々な不調を改善する可能性を高めてくれます。

 

運動が苦手なら、毎日ぬるま湯のお風呂に15分浸かるようにするだけでも、筋肉の緊張をほぐしたり、副交感神経を優位にしてリラックス状態にすることができますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

高反発マットレスが腰痛改善におすすめ|腰痛マットレス完全ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

高反発マットレスが腰痛改善におすすめ|腰痛マットレス完全ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

腰痛やまちゃん

腰痛やまちゃん

はじめまして、腰痛やまちゃんです。
病院で事務方の仕事してますが、長時間のデスクワークが原因で腰痛を発症しましたが、整体師さんのアドバイスで寝具選びから改善し、なんとか健康を取り戻しつつあります。
腰痛に悩まされた私が腰痛対策に行ったことや、様々な快眠に関する情報などをまとめて紹介しています。

コメントを残す

*

関連記事

  • 気象病や天気痛が腰痛の原因、梅雨や台風の低気圧がきっかけなの?

  • 女子駅伝の飯田怜選手の四つん這いリレーのガッツがすごかった?

  • 寝具や布団の訪問販売は大丈夫?クーリングオフすべきなのか?

  • ASICS HEALTH CARE CHECKで健康寿命がわかる?

  • ちょい待ち!ジャパネットのセールでエアウィーヴは買うな。

  • トヨエツが「パンク侍、斬られて候」の撮影中にぎっくり腰に?