1. TOP
  2. 高反発マットレス
  3. 布団の下に高反発マットレスはありなし?めっちゃ損してるかも。

布団の下に高反発マットレスはありなし?めっちゃ損してるかも。

こんにちは、腰痛やまちゃんです。

高反発マットレスの寝心地が合わなくて、布団の下に敷いて寝ているなんてことはありませんか?

 

もしあなたが布団の下に高反発マットレスを敷いたり、高反発マットレスの上に敷布団や別のマットレスを敷いているのなら、それは間違った使用方法です。

 

高反発マットレスは自分にあった商品を選ぶことと、直接その上に寝ることが非常に大切ですので、そのあたりの情報をまとめて解説します。

布団の下に高反発マットレスは絶対になしの使用方法。

高反発マットレスを布団の下に敷いている。

これは硬すぎる高反発マットレスを買ったり、高反発マットレスの寝心地に慣れないので、少しでも身体が楽になる方法を選びたい人がやってしまう方法。

 

特に高齢者の方で、これまでに低反発マットレスを使用していた人の場合、真逆の寝心地になるので、高反発マットレスに慣れるまで時間がかかる傾向もあります。

 

そして少しでも楽に寝れるように、

布団の下に高反発マットレスを追いやってしまい、敷布団やマットレスが直接肌に触れるような状態にしてしまいがち。

 

この方法で高反発マットレスを使うと、

本来得られる睡眠中の様々な効果を実感することができずに、そもそも高反発マットレスを使っている意味がなくなってしまいます。

 

高反発マットレスの正しい使い方を理解することで、得られる効果や期待できる効果を最大化することが大切だと理解しましょう。

高反発マットレスは肌に直接触れる状態での使用が基本


寝心地が合わないとか、ウレタン臭が気になるとか・・・様々な理由で高反発マットレスに直接寝ない人がいますが、これは明らかに間違った使用方法。

 

高反発マットレスを購入する理由には、

 

  • 優れた体圧分散性
  • 理想の寝姿勢を再現できる
  • 寝返りがラクに打てる
  • 朝まで熟睡できる
  • 疲労回復に役立つ

 

などなど様々な理由があると思いますが、

これらの効果を実感するためには、高反発マットレスに直接寝る必要があり、布団の下に高反発マットレスを敷いた状態では、全く意味がありません。

 

間違ってもそんな使用方法をしないようにしましょう。

布団の下に敷かなければ寝れない高反発マットレスがあるのか?

高反発マットレスはどのメーカーの商品でも、布団の下に敷かなければ寝れないというものは製造・販売されていません。

 

先ほども紹介したように、

高反発マットレスで寝ることで得られるメリットの部分は、直接寝ることが前提で得られるものばかりだから。

 

実際に購入した高反発マットレスが、

布団の下に敷かなければ寝れないという場合のほとんどは、反発力が強すぎて身体が沈まなかったり、寝ていて寝心地が良くないからでしょう。

 

これは高反発マットレスに問題があるのではなく、あなたが選んだ高反発マットレスとあなたの身体の相性が悪いから。

 

だから布団の下に敷いておかないと、

熟睡することもできないし、寝起きの肩こりや腰痛が悪化したり、疲労感が抜けない日々を過ごさなければならないからでしょう。

 

本当に残念な話ですが、

そういった高反発マットレスを使い続けても何らメリットはなく、床と敷布団の間で挟まれて、湿気を貯めてしまい、カビのきっかけになる可能性もあります。

 

カビが生えてしまうとアレルギーや喘息などを引き起こすなど、健康に悪影響を与えてしまう可能性もあるので、間違った使用方法で使うのは止めましょう。

失敗しない高反発マットレスの選び方に必要なことは?

高反発マットレスの反発力が強すぎて、布団の下に敷かなければ寝れない。

 

そんな状態で高反発マットレスを使い続けても、

本来の効果を実感できずに、全く意味がないことはここまで読めばわかったと思います。

 

高反発マットレスを始めて購入したので、

どう選べばよかったのかもわからないし、失敗してしまうのが不安で高反発マットレスを購入しようか躊躇してしまうというのもわかります。

 

そんな人におすすめの高反発マットレスの選び方は、交換保証や返品保証がある商品から選ぶこと

 

反発力が合わずに高反発マットレス選びに失敗する人が多い現状を考えると、同じ商品でもいくつかの反発力が用意されているものが良いでしょう。

 

さらに購入後や使用後でも、

交換できるものであれば、実際に数日寝てみて始めてわかった寝心地からも判断することができますよね。

 

おすすめの高反発マットレスはモットンで、

 

  • 100ニュートン(柔らかめ)
  • 140ニュートン(普通)
  • 170ニュートン(硬め)

 

3種類の反発力の商品が用意されており、

90日間の返金保証制度や途中での交換制度があるので、万が一の際にもモットンなら安心です。

 

しかも日本人の体型を知り尽くしているメーカーが設計・製造を行っていますので、海外の商品を選ぶよりも、身体に合いやすい傾向があるでしょう。

 

はじめての高反発マットレス選びでも、

モットンを最初に選んでおくことで、様々なリスクを回避することができますので、本当におすすめです。

 

布団の下に高反発マットレスはありなしの記事まとめ

高反発マットレスの機能を考えると、

布団の下に敷いて使うことが、どれだけメリットがないことなのかということが良くわかったと思います。

 

高反発マットレスは直接寝ることでしか、本来の効果を実感することができませんので、選び方・使い方を間違えないことが大切。

 

  • 布団の下に高反発マットレスは絶対になしの使用方法。
  • 高反発マットレスは肌に直接触れる状態での使用が基本
  • 布団の下に敷かなければ寝れない高反発マットレスがあるのか?
  • 失敗しない高反発マットレスの選び方に必要なことは?

 

布団の下に敷いて使うような状態になることがないように、最初に選ぶ高反発マットレスは本当に大切です。

 

体に馴染むか、寝心地に問題がないか・・・様々な不安もあると思いますので、私も愛用しているモットンのような商品を選ぶことをおすすめします。

\ SNSでシェアしよう! /

高反発マットレスが腰痛改善におすすめ|腰痛マットレス完全ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

高反発マットレスが腰痛改善におすすめ|腰痛マットレス完全ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

腰痛やまちゃん

腰痛やまちゃん

はじめまして、腰痛やまちゃんです。
病院で事務方の仕事してますが、長時間のデスクワークが原因で腰痛を発症しましたが、整体師さんのアドバイスで寝具選びから改善し、なんとか健康を取り戻しつつあります。
腰痛に悩まされた私が腰痛対策に行ったことや、様々な快眠に関する情報などをまとめて紹介しています。

コメントを残す

*

関連記事

  • 夏涼しい高反発マットレスはどれ?素材や特徴から考えると?

  • プロファイル加工の高反発マットレスのメリットやデメリットは?

  • 厚さの違いで高反発マットレスはどう変わる?快眠できるタイプは?

  • 水洗いできる高反発マットレスは汚れやシミが落ちておすすめなの?

  • ビブラート1の口コミや評判、次世代マットレスの特徴や効果を徹底検証!

  • 低反発マットレスの特徴や寝心地は?メリットやデメリットを解説!

腰痛持ちにおすすめの高反発マットレスランキングベスト3