1. TOP
  2. 高反発マットレス
  3. 腰が浮く高反発マットレスは寝姿勢が悪化して腰痛の原因になる!

腰が浮く高反発マットレスは寝姿勢が悪化して腰痛の原因になる!

こんにちは、腰痛やまちゃんです。

高反発マットレスを購入したけど、横になると腰が浮く状態になってしまうのなら、高反発マットレス選びを失敗した可能性が高いかも。

 

腰が浮く状態の高反発マットレスだと、理想の寝姿勢を再現できずに、そこで寝続けることで寝起きの腰痛の原因になってしまうんです。

 

実際にどのようなことが起こっているのか、高反発マットレスの効果をしっかり実感するためにも、適切な高反発マットレスを選ぶようにしましょう。

腰が浮く高反発マットレスは寝起きの腰痛の原因になる

高反発マットレスには様々な反発力の商品があり、体重や体型に合わないものを選んでしまうと、腰が浮く状態になります。

 

腰が浮くということは、

本来沈み込むことで再現できる理想の寝姿勢とはかけ離れた状態であることを意味し、就寝時に身体の疲労回復ができにくい状態であるということ。

 

腰が浮く状態で寝続けると、

腰付近の筋肉が常に緊張している状態になり、その結果、寝起きの腰痛を発症し、慢性腰痛を引き起こしてしまいます。

 

なぜ腰が浮くのか?

これは反発力が強すぎるから、本来なら沈み込む肩や腰の部分だけで身体を支えているような状態が続いているということ。

 

高反発マットレス選びに失敗してしまうと、こういった状態になってしまいますので、アスリートモデルなどを購入する際には、事前にしっかり確認しましょう。

腰が浮く高反発マットレスを改善する方法とは?

腰が浮く状態の高反発マットレスを使い続けると、寝起きの腰痛や慢性腰痛のきっかけになりますが、すでに購入してしまった場合はどうすればよいのか?

 

腰が浮く際にできる対処方法としては、

腰の下にバスタオルなどを敷くことで、就寝中の腰付近の筋肉の負担を軽減する方法もありますが、これは根本解決になりません。

 

高反発マットレスが人気の理由として、

非常に優れた体圧分散性の高さがあげられますが、バスタオルを使うことで腰付近の筋肉の負担は軽減しますが、体圧分散性が損なわれてしまいます。

 

寝姿勢は多少改善されるものの、高反発マットレスとしての機能をフル活用することができずに、終わってしまうというのは問題でしょう。

 

根本的に間違った高反発マットレスを選んでしまっていますので、失敗したと諦めるしかないというのが、実際のところ。

 

バスタオルなどで対処療法的に改善しても、十分な効果を実感できませんので、失敗しない高反発マットレスの選び方を知っておくべきだと考えます。

腰が浮くなど、失敗しない高反発マットレスの選び方は?

腰が浮く状態になるのは、

高反発マットレスの反発力とあなたの体型や体重が合っていないから。

 

主にこういう寝姿勢の悩みを抱えるのが、170ニュートンや190ニュートンなど異常に高い反発力の商品を購入した場合。

 

トップアスリートモデルのような商品は、体重や筋肉の多さを支えるために高い反発力が求められます。

 

しかしそういったタイプの高反発マットレスに50kgや60kgの人が寝たらどうなるのか?

 

肩や腰が浮く状態になってしまい、

寝ている間も身体の緊張状態が続いてしまい、まるで板の間で寝たような疲労感を感じてしまうきっかけになります。

 

非常に残念な話ですが、こういう失敗をしている人もかなりいますので、どんな高反発マットレスが自分に合っているのかはしっかり考えるべきでしょう。

 

標準体型や標準体重の人なら、140ニュートンまでの高反発マットレスが良く、高齢者や女性など筋肉量が少なければ、100ニュートンでも良いかもしれません。

 

低反発マットレスだと、理想の寝姿勢を再現したり、優れた体圧分散性を実感するのは難しいので、100ニュートン以上の寝具を選びましょう。

 

高反発マットレスの特徴として、

反発力が高くても低くても値段は変わらず、ウレタン製なら密度の高さが値段に影響しますので、高い反発力=高額&高機能な商品と誤解しないことも大切です。

腰痛対策に高反発マットレスを選ぶなら保証制度も大切かも。

腰痛対策に高反発マットレスを選んだはずなのに、寝起きの腰痛がひどいのは本当に残念な話ですよね。

 

私も高反発マットレスを始めて選んだ時はすごく不安でしたが、保証制度が充実している会社の商品にしたので、不安は少しで済みました。

 

最近は少しずつこういうメーカーが増えていますが、実際に自宅で使用して合わなかったら、反発力の交換や返品できるという保証制度。

 

店頭で5〜10分寝るのと、

自宅で朝まで7〜8時間寝るのでは全く身体への負担も違いますし、しばらく寝てみないと寝心地に身体がなれないこともあるでしょう。

 

そういったことがあるのを知っていましたので、私が最初に選んだのは返品保証がしっかりしているモットン。

 

モットンの場合は、90日間の返金保証制度があるので、もし合わない場合や効果を実感できない場合は、返品することができます。

 

さらにサイズ変更や反発力の変更などもできることで、実際に寝てみることでしかわからない本当の寝心地を確認できます。

 

腰が浮くというのがどれだけ身体に悪影響を与えるのか、これも実感してみないとわからないかもしれません。

 

ただ明らかに寝起きの腰痛の原因になりますので、そういった状態のまま高反発マットレスで寝続けるのは止めましょう。

腰が浮く高反発マットレスは腰痛の原因になるの記事まとめ

腰が浮くのは理想の寝姿勢を再現できずに、就寝中の身体に様々な悪影響を与え、寝起きの腰痛を引き起こす原因医なります。

 

そこのことを最初に理解して、

失敗しない高反発マットレス選びを行うことが大切ですし、間違った高反発マットレスを使い続けないことも必要でしょう。

 

  • 腰が浮く高反発マットレスは寝起きの腰痛の原因になる
  • 腰が浮く高反発マットレスを改善する方法とは?
  • 腰が浮くなど、失敗しない高反発マットレスの選び方は?
  • 腰痛対策に高反発マットレスを選ぶなら保証制度も大切かも。

 

高反発マットレスは商品選びを失敗してしまうと、本来期待できるような効果を実感することができません。

 

本当に残念な結果になりますし、

お金を無駄にしてしまう可能性もありますので、不安がある人は私のように保証制度がしっかりしている商品を選ぶと安心でしょう。

 

高反発マットレスは商品選びが非常に大切ですので、あなたの体型や体重にあった商品を選ぶようにしてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

高反発マットレスが腰痛改善におすすめ|腰痛マットレス完全ガイドの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

高反発マットレスが腰痛改善におすすめ|腰痛マットレス完全ガイドの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

腰痛やまちゃん

腰痛やまちゃん

はじめまして、腰痛やまちゃんです。
病院で事務方の仕事してますが、長時間のデスクワークが原因で腰痛を発症しましたが、整体師さんのアドバイスで寝具選びから改善し、なんとか健康を取り戻しつつあります。
腰痛に悩まされた私が腰痛対策に行ったことや、様々な快眠に関する情報などをまとめて紹介しています。

コメントを残す

*

関連記事

  • 夏涼しい高反発マットレスはどれ?素材や特徴から考えると?

  • 高反発マットレスは硬めと柔らかいのではどっちがおすすめ?

  • いびき対策に高反発マットレス、横向き寝が自然な改善方法なの?

  • オーバーレイやトッパータイプの高反発マットレスは購入すべき?

  • 低反発マットレスの特徴や寝心地は?メリットやデメリットを解説!

  • 硬めや硬すぎる高反発マットレスは腰痛悪化の原因になる?

腰痛持ちにおすすめの高反発マットレスランキングベスト3